読書感想34 言ってることが正しいほうの言うことを聞いてあげるか・・

うつにならない生き方を本から学ぶシリーズ。

今回は、

賢人の知恵から

正しい立場で議論する

相手の主張が正しい場合は、ただ対抗せんがために

議論してはいけない。

相手は正しい側にいるわけだから、

半ば勝ったも同然。

こちらがその逆につくことは面目を失うことになるだけだ。

相手と同様、正しい側につこう。

相手を有利な立場から引きずり下ろす唯一の方法は、

正しい立場で議論して、

相手にその立場を捨てさせることだ。


バルタザール・グラシアンの賢人の知恵  68要約

最近は、まぁチーフになるんだが、

そうなってくるとパートさんの派閥争いって言うか、

どっちが言うことを聞いてくれるか的なことが起きるんだが、

どうなっていくんかねぇ。

どっちの言うことを聞いてあげた方がいいか悩ましい部分でもある。

こっちの言うことを聞けばあっちが文句をいい・・

あっちの言うことを聞けばこっちが文句を言う・・。

どうしたもんかねぇ。

とりあえず、言い分が正しいほうのいうことを聞けばいいというわけかな。

仕事のやり方などそういった面で正しいほう理にかなっている方につく・・。

そんな感じかなぁ。

正しいほうについていれば、言い争った場合有利となることが書いてあるので、

常にどっちというよりは、

言ってることが正しいほうのいうことを聞いてあげるのがよいということか。

まぁ人間関係は難しいけどバランスをとるっていうか、

正しいほうにつく・・それを意識してやっていくとするか・・。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

応援ありがとうございます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。