読書感想29 ポジティブの教科書

本からうつにならない生き方を学ぶシリーズ

久々、1か月ぶりのブログ執筆でございます。

今回は、

ポジティブの教科書でございます。

連続のご指名でございますが、

前回が1か月前でございましたから

連続感はないわ。まぁいいとして、

自分が改善できれば、必ず、相手との関係も改善されていきます。

相手を変えようとするより、自分を変えるほうが楽だし、

早いし、結果が出ます。


ポジティブの教科書 武田双雲  P・75

人間関係論でございますな。

今現在、人間関係には悩んでないのだが、

3か月前くらいは、これが1番の悩みといっていいくらいでしたな。

また、いつそうなるとも限らんので、

しっかり勉強をしていかなければなりませんな。

「他人を変えたい」と思ったら

「自分を変える」

ポジティブの教科書 武田双雲  P・75

小題が「他人は変えられない。自分を変える」

という回でございます。

これは、他人をコントロールするってのは難しいことで、

人間関係をいいほうにもっていきたいときに、

他人の態度・言動を変えてもらうのってすごく難しい。

実際、大先生(60歳♀)を変えるというのは至難の業。

まー人の話は聞かないし、好き勝手やってるし、

それをコントロールするってのは大変難しいことであります。

それよりも自分の考え方や接し方を工夫するほうが楽でございますな。

捉え方を工夫するのもよいとのこと、

大先生には苦労したわ・・

罵詈雑言の嵐でげんなりすることばかりでございました。

自分の接し方や、捉え方なんかは結構気をつけることができ、

なんとか、夏場は機嫌がいい日が多かった気がするわ。

捉え方はだいぶ工夫して、

「馬鹿」「アホ」「小学生以下」といわれるたびに、

今日もかまってくれてありがとう。みたいな感覚?

(マゾなのかな)

「お褒めいただきましてありがとうございます」

と周りの同僚にギャグを言えるくらい余裕ができたしね。

何事も捉え方一つで変わる。

やはり、このクソばばあって思うよりも、

「馬鹿」「アホ」が、あいさつなんだ・・

みたいな。

あまりこういう相手にムカついても疲れるだけだから、

流すっていうかあんまり言葉を受け取らない。

「馬鹿」「アホ」右から左に受け流し、

「GOOD MORNING」に変換するわけだ。

こうやって、自分をごまかす?みたいな。

捉え方を変えていくのは大事でございますな。

「他人は変えられない」本当その通りで、

人に変えてもらうのはほんと難しい。

一方的に「変われ」っていえば反発されるし、

自分も変わるからアンタも変わろうよ的な感じがいいのかなぁ。

その辺は、なかなか難しいが、

まず、自分の捉え方、考え方を変えて、

難しい人間関係を乗り切るしかあるまいですな。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

応援ありがとうございます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。