うつの時に最善の休み方って・・

今までは、休みの日はこうでなくてはいけない

ってのにこだわりすぎて、

それを達成できないから、イライラしてしまい、

休みの日を休んだいう感じがしなかったわけだ。

うつなんでございますから、

行動力なんかも衰えていて、

何もしたくない、したい気力がない

ってのが結構ありますな。

無駄に過ごすのも大事なんではないかと

最近思い始めてきたわけだ。

まぁ、最低限やらなくてはいけないことは

しなくてはいけないと思うけれど、

それ以外はだらだら過ごすのも、

アリっちゃあアリかな。

でもまぁ寝逃げの克服はしたいですな。

夜の睡眠に影響が出てしまうし、

無駄な時間っちゃあ無駄かもしれん。

しかしながら、寝逃げ行為も、

一種の防衛反応なのかもしれないとも思うので、

気の赴くままに目を閉じているんでございますな。

リフレックスの影響やもしれんが、

今の鬱を治療するメインの薬だし、

そういうのも仕方がないのかもしれませんな。

少し、うつの状態がよくなったら、

寝逃げ行為を改善するというのもいいのかも、

今は焦らず時を待つことも重要か?

でも、目標としては、

寝逃げの代わりにウォーキングをってのは、

目標にする価値があるかもしれないですな。

ウォーキングの後に寝ればいいわけだし、

とりあえずは8~9時間寝て、

いったん起きてウォーキングをし、

気力がなく何もしたくないのであれば、

寝逃げに走ってもいいかなぁ、

って思い始めてきた。

まぁ、これも無理せず取り組めばいいか。

いつもより早く寝るってのは、

結構難しいらしく、

眠くない状態で布団に入ることになるわけだ。

でも、中途覚醒があるという前提で考えれば、

少しでも寝たいので睡眠時間を稼ぐためには、

早く寝るという選択肢も重要でございますなぁ。

寝逃げすると質が落ちるのは否めないわけで、

やはり、寝逃げ行為をしないっていうのは、

睡眠のためにも必要なのかもしれませんなぁ。

目標にする価値ありということか。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。