子供がトイレでうんちできない!!できるようになるには?

わしの息子4歳になるのだが、まだトイレでうんちが出来ず

朝、嫁はんが悩んでおりましたわ。

まぁ、暇なのでうんちができるようになるには、

どうすればいいかまとめてみることにした。

 

まず、うんちが出来ない背景として、

息子はただ、気まぐれで嫌がっているわけではなさそうということを

理解しなくてはいけませんな。

なにか、怖がっているとか不安があると思うので、

それを取り除く工夫をしなくてはいけないというわけだ。

決して無理強いせず克服できるまで忍耐強く待つのも必要なのかもしれない。

調べてみたら5~6歳くらいまで出来な子もいるみたいなので、

辛抱強く待ってみるしかないのかもしれない。

 

うちの子も全くできないわけではないのだが・・、

初めてトイレでうんちした時、

キノコが肛門に挟まってそれを無理やり取ったことが、

恐怖として残っているのか、

それ以降、まったくトイレでしなくなってしまった。

また、何かが挟まって痛い思いをするのかが不安なのかもしれない。

 

まぁ、一つ言えるのは無理やりトイレに連れて行って、

そこでしろっていうのはちょっと酷だよねぇってことか。

それで、便秘がちになっても困るので、

あくまでも自発的にトイレに行かせないといけないね。

 

やはり、最初はトレーニングの一環として、

おむつをしたままトイレに連れていって、

座らせてさせるトレーニングは有効だそうだ。

その時踏ん張れるように足がつく工夫をするのが良いそうだ。

その後、おむつに切れ目を入れて、

うんちが落ちる感覚を味わうトレーニングをする。

 

それでもなかなかトイレで出来ない場合は、

補助便座を使ってみたり、

おまるでさせて成功体験を積ませるのも、

一つの手であるそうだ。

 

それにうんちにはおしっこと違い

・リラックスしないと出ない

・我慢しやすい

という特徴があるそうだ、

 

そうなるとやはりトイレでうんち出来ないからといって、

怒るのはいけないみたいだなぁ。

不安な気持ちがさらに不安になってしまい、

プレッシャーになってしまうからだ。

そうするとうんちを我慢する癖がつき、

便秘体質や痔になってしまう。

安心してトイレでできる環境づくりも、

親として意識しなくてはいけないようだ。

 

トイレでうんち出来たら何かご褒美をあげたり、

カレンダーにシールを張るなどの工夫も有効のようだ。

 

1、とにかく出来なくても怒らない。

2、嫌がったら無理強いしない

3、出来たらめちゃくちゃ褒める

 

これらが大切なようだ。

うんちができるようになるのを

気長に待つという姿勢も大事でございますな。

まぁ、ただ待つのでなくトレーニングしながらだけれども。

 

うちの子的にはどうなんだろうなぁ。

キノコ事件のせいなのか?

ただ、めんどくさいからなのか。

トイレに座って出来たらシール張りから始めるってのも、

アリなのかもしれないなぁ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。