ネガティブに考える時間を減らす 読書感想18 #うつ

本からうつにならない生き方を学ぶシリーズ

今回は、

ザ・シークレット 引き寄せの法則でございます。

ポジティブシンキング→いい引き寄せ

これを認知を正すことに利用できないか、

日々考えているわけでございますが・・

もしあなたが、健康に関してネガティブな信念を

作り上げてしまったのなら、交渉の席に戻りましょう。

あなたの心を変えるのに遅すぎるということはありません。

あなたが健康状態をよくしたいと望むのであれば、

心を変えることは必要不可欠なのです。

P144

ザシークレット 人生を変えた人たち ロンダ・バーン

健康に関してでございますな。

病は気からというで言葉があるように、

うつになる一つの要因に、

ネガティブシンキングってのがあるように思える。

うつになると、ポジティブになるのは難しい・・。

心を変える=ポジティブシンキングなのかなぁ。

なかなか、ポジティブに考えるのは難しいが、

健康状態をよくしたいと考えるならば、

ポジティブシンキングは欠かせない。

でもまぁ、最低限ネガティブに考えていたら、

それを意識的にやめる。

あ、いまネガティブだったな、違うこと考えなくては・・

ってなやり方で、ネガティブなことにフォーカスしない。

無理やりポジティブに考えるのは難しいが、

最低限、ネガティブなことを考えるのをやめれば、

それを引き寄せることは確率的に少なくなるだろう・・。

地道な作業だけれども、引き寄せの法則的に、

ネガティブに考える時間を減らすことは重要なことに思える。

それで、なるべくポジティブに考えてやっていくのが、

引き寄せの法則的には正しいことなのではないかな。

健康状態も、今はうつでへこむことが多い時も、

ネガティブに考えずに、なるべく楽しいこと、

したいことに意識をフォーカスしていけば、

良くなるのかなぁ。ホンマかいな。

今の状況でいえば、睡眠薬をなるべく飲まないように

という目標があるので、その目標に向かって、

それが達成出来たらどんなことが起こるか・・

リフレックスが減って、体重が減るぜ!!とか、

薬が残ってだるいことが多いが、それがなくなるとか・・。

ぶっちゃけて言えば一番効果あるのは、

異動・・っ。異動さえすれば少しはましになる・・。

やっぱ、異動を考えることが一番健康状態を戻す、

特効薬なのか・・。

そうやって暮らしてみてどうなるか、見てみようではないか。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。