相手のキャラをつかみましょう。 読書感想16 #うつ

本からうつにならない生き方を学ぶシリーズ。

今回は、

賢人の知恵からでございます。

相手の気質を見分ける

かかわる相手の 気質を見分けることはとても役に立つ。

内面がわかれば行動を予測できるからだ。

顔色を読みとる術を身につけよう。

顔には本心があらわれる。

また、美しさと愚かさは表裏一体である

ことが多いことを知っておこう。

29 要約

バルタザール・グラシアンの賢人の知恵

仕事柄、異動が多いので、人間関係がすぐ変わり

いろいろな人とかかわるのだけれども、

気質を見分ける術を持っていると便利ですな。

この人は、こういうことが得意・好きで

こういうところが苦手・嫌い。

これだけ把握するだけでも、

仕事において、振る仕事を間違えないで済む。

キャラクターを把握することも大事で、

何気ない会話の時に役に立つ。

何を思っているか、

また、会話のリアクションは顔色から

見ることができますな。

仕事を頼んでちょっと嫌な顔をしたり、

話した感じの機嫌のよさとかもわかるし。

細かいのだけれども、こういうのって、

人間関係を円滑にするのに大切なことでございますな。

あとは、気性の激しい方々のコントロールをする術を

身につけることができれば、人間関係で悩み、

うつになることもないのではないかとも思う。

いずれにしても気質を見分ける術は、

磨いていきたいところですな。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。