最高裁が初判断!! 正社員と待遇差「不合理」ハマキョウレックス裁判

非正規社員の方が正規社員と待遇差に不合理を感じ、

訴えていた裁判で、最高裁は

正社員に支給されている無事故手当や通勤手当などを

契約社員に支給しないのは不合理だと判断し、

会社側が支払うよう命じた。

最高裁がこのような判断をしたことは初。

ただし、住宅手当は正社員との差があっても仕方ないとの判断。

 

これは、ちょっとしたムーブメントになるかも。

非正規社員と、正規社員に待遇の差があるのはどこの会社もあるだろう。

ハマキョウレックスのほかに、横浜市の運送会社「長沢運輸」の

定年退職後に給与が下がったのは「不合理な格差」にあたるとして

訴えた訴訟の判決も今日らしい。

待遇格差を是正する「同一労働同一賃金」の実施は、

今話題の働き方改革関連法案の柱の一つで、

最高裁の判断が世の中に影響を与えるだろうね。

 

うちの会社だってあるぞ。

転勤のない「地域限定社員」と

転勤のある「正規社員」は、給料のベースが違う。

同一労働同一賃金ではないのかい。

転勤があるないは転任補佐手当みたいなもので差を

つければいいのに、明らかに違うのは、

将来、地域限定になろうとしているわしとしても、

納得がいかないなぁ。

 

最高裁のこの判決で、

世の中の流れがいいほうに向かえばいいですな。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。