【超絶悲報】プロ下山家 栗城史多さん下山に失敗・・そこから得られる教訓とは・・

凍傷で指9本を失いながらも、

奇跡の生還を果たし続けていた栗城氏・・

今回、8度目のエベレスト挑戦していたのだが・・

エベレスト挑戦のニュースを聞いた時、

まぁ、どうせまたしっかり途中下山するんだろうと

冷ややかに見ていたが・・。

下山に失敗するとは・・プロ下山家らしくない。

アルピニストからは酷評され続けた同氏・・

今回の登頂も冷ややかな目で同業者から見られてましたな。

まぁ、命あっての物種・・

プロ下山家は今回も登頂を目指すも下山すると決めたら、

なんとしても無事に下山しなくてはいけないが、

今回は失敗し命を失うことになりました。

もう、下山家の活躍を見ることは出来ません。

ご冥福をお祈りいたします。

 

このことから得られる教訓は、

自分の力量を正しく客観視して、

自分のレベルにあった挑戦をしないと、

どえらい目にあうよってことだね。

そして、同業者は無茶な挑戦に批判的で、

何も知らん人は挑戦は素晴らしいといった。

耳の痛いことにも耳を傾けなければ最悪死んでしまうことが分かった。

力量を客観視するには他人の痛い言葉も受け入れなくてはならんのう。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。