いい経験をしたければそれを考えることだな 読書感想その4

読書を通じてうつを改善する考え方を

身に着けよう!!ってな感じでやってますが、

今日はその4でございます。

サイコロを振ったところ、まずはこの本から。

引き寄せの法則 エイブラハムとの対話から・・

 

この本もまだ、完全に読破していないのだが、

引き寄せの法則でございます。

ザ・シークレットといってることは似てますな。

「許容し可能にする術」というのは、

「わたしがありのままのわたしで、他社がありのままの

他者であることを許容し、可能にしよう」ということだ。

あなたが思考を通じて他者を自分の人生に招き入れなければ、

他者はあなたの経験の一部にはならないし、

あなたが思考を通じてある状況を人生に招き入れなければ、

その状況はあなたの経験の一部にはならない。

P58

引き寄せの法則 エイブラハムとの対話

要するに、嫌な人のことは考えないようにしようということだな。

わしに置き換えるならば、スーパーストレッサー大先生が頭痛の種なんだが、

まぁ、職場全員に言えるのだが・・

色々罵詈雑言を浴びせられても、引きずるのではなくて

考えないようにするのが大切というわけだな。

考えることによって、自分の人生に招き入れっちゃってるわけだから、

経験しちゃって引き寄せてしまうわけだ。

いかに、その大先生に暴言を吐かれても、

「いやだなぁ」「言われたらどうしよう」と思わず、

ムーディみたいに「右から左に受け流す・・」

大先生の事だけではなく、嫌なこともやっぱり考えると、

引き寄せますよってのも大事なことで、

今は、仕事面で結構ハードコアなので、

「人が足りなくて大変だ」とか「異動できなかったらどうしよう」

とか思わない事も大事。

いいことを考えるしかないのだな。

実現してほしいことや楽しいことを考える。

そうすれば、それが自分のいい経験になって帰ってくるってことだ。

やっぱりポジティブシンキングは大事ですな。

ポジティブなことを考えれば結果もポジティブでございますな。

 

次はサイコロを振った結果、

賢人の知恵からでございます

 

 

信頼している人とつきあう

信頼しあえる人とだけ行動をともにしよう。

相手が信用に値する人物なら、万が一意見の相違が生じてしまったときでも、

その人の行動を予測することができる。

落ちぶれた人は失うものが何もなく、

守るべき信用もない。

信用されるからこそ、人は行いを正すもの。

信用されない人は美徳を持ちあわせていないのだ。

5、

バルタザール・グラシアンの賢人の知恵

 

自分自身なかなか信用できる人があんまりいないってのが、

問題なのだが、信用できない人ってのは、

失うものがないので行いを正す必要がないっていうのは、

わかる気がするなぁ。

信用できる人ってのは行いを正してるわけだから、

つきあうに値するわけですな。

なかなかいないねぇそんな人。

これからそういう人を見つけるためにも参考にしなくては。

つきあうべき人ってのを選ぶ基準ってのを教えてくれたな。

行動がしっかりしている人ってのを探して、

その人とお付き合いできればいいってわけだな。

そういう人にアドバイスをもらったり、意見交換するといいわけでございますな。

そんな人を探す努力ってのもしなくてはいけないし、

自分も行いを正し、信用を得られる人間にならなくてはいけないなぁ。

うつ改善的視点から見れば、

きっちり規則正しい生活をする。

睡眠ファーストはきっちり守る。

夜更かしは行いを正してないぞ!!

食事も間食を控えダイエットをする。

太るのはリフレックスだけが原因ではないぞ!!

ここも行いを正していかねばなるまいな。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。