ザ・シークレット 人生を変えた人たち その1Ver201804

ザ・シークレット 人生を変えた人たち ロンダ・バーン

むんむんブログ2ではその8までいって、途中でぶん投げた

この本の感想ですが、初めからリライトしてやってみます!!

そもそも、引き寄せの法則を利用してうつ病から脱出できないか

それを考えるシリーズなのだが、なかなかポジティブシンキング

ってできないよなぁ~

 

 

てなわけで始まり始まり・・

人生の偉大な秘密とは、類は友を呼ぶという、引き寄せの法則です。

それはあなたが心の中に抱く思考やイメージに「類似した」

経験や環境を人生に引き寄せている、ということを意味します。

あなたは絶えず考えることを何であれ、

あなたの人生に引き寄せることとなります。

 

ザ・シークレット 人生を変えた人たち ロンダ・バーン

P15

 

これは、ポジティブなことであれネガティブなことであれ、

考えたことは実現しちゃうよーってことでございますが、

これを最初に書いたときは、

春の定期異動をなんとかゲットしたいという気持ちで

いっぱいだったのだが、結局引き寄せられなかったわけだ。

どこかで、改装店は人事異動に引っかかりにくいっていう

わが社の法則が頭の隅にあったわけですな。

まぁ、実際異動出来た人は昇進の辞令だけだったわけで。

ほとんどのメンバーは残留という結果でございました。

ネガティブに考えてしまうと、そういうことが起きてしまうんだなぁ

って思いますわ。なので、頭の中で考えることは、

ポジティブなことを考えていなくてはいけないってことだな。

いまでいえば、大先生の機嫌が最近いいので、

それが持続しているイメージを持つことか。

大先生は機嫌がいいから大丈夫だって思うこと。

怒られたらどうしようとか思っちゃいけないのでございます。

創造のプロセスは3つの簡単なステップからなります。

お願いし、信じ、受け取る、というステップです。

P15

第二段階の信じるというのが一番難しいのですが、

それが最も重要です。

信じることをマスターすると、人生をマスターしたことになります。

 

ザ・シークレット 人生を変えた人たち ロンダ・バーン
P26

まぁ、引き寄せ実践してみて、本当に信じるということは難しいね。

実際、異動をお願いしたのだけど、信じる力が足りないせいで?

異動できなかったのかなぁ(半信半疑)

これからの課題は信じることですわな。

とにかく、突発の異動があると信じること、

大先生の機嫌がいいと信じること、

筋トレすればテストステロンドバドバ出て、

うつが良くなること(これは事実かな)

そう思って日々生活する。

信じる者は救われるのだ・・。

信じる者は救われる前に騙される・・ってのもあるが。

信じるのだ・・わしは引き寄せ教に入ったのだから。

 

今回はこんなところか。

大事なのはポジティブ思考と

引き寄せの法則を信じること。

まぁ、なかなか難しいのだけど騙されたと思って、

引き寄せを実践していかねばなるまいな。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

 

 

 

Commentsこの記事についたコメント

1件のコメント
  • 本が好き!運営担当

    突然のコメント、失礼いたします。はじめまして。
    書評でつながる読書コミュニティ「本が好き!」を運営しております、和氣と申します。

    貴ブログを拝読し、ぜひ本が好き!にもレビューをご投稿いただきたく、コメントさせていただきました。

    本が好き!:http://www.honzuki.jp/

    こちらのサイトでは、選ばれたレビュアーの方が本をもらえるようになる「献本サービス」を行っています。

    1.会員登録 
     こちらのフォームよりご登録ください。
     http://www.honzuki.jp/user/user_entry/add.html
    2.書評投稿
     書籍を検索し【書評を書く】ボタンよりご投稿ください。
    3.ご報告
     貴ブログ名をご記載の上、こちらのフォームよりご報告ください。
     http://www.honzuki.jp/about/inquiries/user/add.html

    名前の通り「本好き」の方がたくさん集まって、活発にレビューを投稿して交流をされているサイトですので、よろしければぜひ一度ご訪問いただけましたら幸いです。

    よろしくお願いいたします。

    2018年4月3日 9:09 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。